読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DPCデータの分析とかやるブログ

DPCデータの分析なんかをテキトーにやってます。

EFデータを使った退院処方のチェック(平成28年度版)

以前にも書いていた、退院処方のチェックをするSQLです。
平成28年度から「出来高包括フラグ」が「行為明細区分情報」に 吸収されてしまったので、それに対応して変更を加えています。

--退院日に出来高になってないもの探し

select データ識別番号-10 AS ID,診療明細名称,使用量,明細点数・金額,行為回数,実施年月日,病棟コード
from ef1604
Where 実施年月日 = 退院年月日
AND 行為明細区分情報 LIKE '0___________'
AND データ区分 BETWEEN 21 AND 23
AND 明細点数・金額 > 0
AND 行為回数 > 1;

--退院日前日の退院処方探し おそらく退院処方の可能性が高いもの

select データ識別番号-10 AS ID,診療明細名称,使用量,明細点数・金額,行為回数,実施年月日,病棟コード
from ef1604
Where 退院年月日 - 実施年月日 = 1
AND 行為明細区分情報 LIKE '0___________'
AND データ区分 BETWEEN 21 AND 22
AND 明細点数・金額 > 0
AND 行為回数 > 1
AND 退院年月日 <> 'infinity'


--在院中に謝って出た退院処方を探すもの

select データ識別番号-10 AS ID,診療明細名称,使用量,明細点数・金額,行為回数,実施年月日,病棟コード
from ef1604
Where 実施年月日 <> 退院年月日
AND 行為明細区分情報 LIKE '1___________'
AND データ区分 BETWEEN 21 AND 23
AND 明細点数・金額 > 0;