読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DPCデータの分析とかやるブログ

DPCデータの分析なんかをテキトーにやってます。

アプリケーションについて幾つか

データ分析をやっていると、当然、分析結果をプレゼンすることがあります。 大体はパワーポイントをでっち上げますが、パワポは人間の「理解しよう」という気を失わせる道具です。
スライドが1枚進むたびに、聴衆の興味は失われていきます。
(もちろん、あなたがプレゼンの名手なら話は別ですが)
それに、その場でデータを動かしながら話そうとすると、パワポではとても対応出来ません。


ということで、アプリケーションの出番です。

が、最初にWindowsで走るexeファイルを作ろうとして、あっさり挫折しました。
私は殆どの分析作業をPython+Pandasで行います。Windowsアプリケーションにするためのツールとしては、Pyinstallerなどがありますが、Pandasを含むスクリプトはビルドに失敗してしまうのです。
その手のツールは何種類か試しましたか、全滅でした。
(もし成功例があったら教えてください・・・)
結局、FlaskというWebアプリケーションのライブラリを使って、Webアプリをでっち上げました。
その時の教訓は・・・

  • 配布しないのであれば、Webアプリケーションを書いた方がずっと早いし、簡単である。

  • そもそも、スクリプトを使ったデスクトップアプリの開発は下火。やるなら素直にC#Javaを使った方がいいかも。

  • てゆーか、ローカルアプリケーションの開発が盛んなのってモバイルだけでは?

という感じです。まあ、今更な話ですね。
Windowsのことを綺麗さっぱり忘れるなら、Swiftは是非試したいのですが、現在の環境だと中々難しいです。